梅肉は非常時の万能薬

梅干しはシソの葉を入れて作った自然農法自然園の梅干しが最も効果があります。

古いものほど薬効は大きいので治療用にはなるべく古いものを使うようにすると良いでしょう。

大きさにもよりますが、1日1~2個は食べてください。

とにかく、騙されたと思って1ヵ月毎日食べ続けるとビックリするくらい肌の状態が良くなります。

梅の実にはクエン酸が多く殺菌力が強いのです。

そのため細胞に活力を与えカルシウムの吸収を助けます。

さらに、腸の有効菌を育て血液浄化をして疲労回復をする非常に優れた食品なのです。

梅肉エキス

これは、常食用ではなく非常時用に作るものですが、素晴らしい効力があります。

市販のものもありますが、自作した方が効果が高いです。

作り方ですが、まず青梅の実を おろし金でおろし、ガーゼで絞り汁を取り、容器に入れて日干しすると飴のようになります。

梅の実が成る季節はちょうど梅雨の頃ですから日に干せない時は土鍋に入れてとろみにかけてゆっくりと水分を蒸発させていきます。

すると段々泡が立ってきますので、この泡を取り除きながらかき混ぜていると日干し同様に真っ黒な飴のようになります。

これで出来上がり、大量の梅を用意しても出来上がるのはほんの少量です。

これをガラスの容器に流し込み密封して保存しますと10年でも保存でき、古くなるほど効くようになります。

使用量ですが、大人なら大豆1粒ほど、子供なら箸の先に付けたくらいの量で十分です。

これは無茶苦茶酸っぱく、殺菌作用もあるので有効な細菌を育て雑菌を殺しますから、腸内の一切の病気に効きます。

腹痛・胸焼け・下痢・便秘・高血圧・低血圧・心臓・肝臓・糖尿 等々の効果抜群、特に下痢にはよく効きます。

アトピー持ちのいる家では必ず1つは作っておいてほしいものです。

これ一つあると大抵の病気は大事に至らずにすみます。

なんの熱と分からなくても梅肉エキスお湯で薄めるかオブラートに包んで1日3~4回飲ませますと大難を免れます。

伝染病の流行っている時などは、この梅肉エキスを飲んでおくと感染しません。

疫病にかかって熱を出した時などにもこれを飲ませますとそのまま解毒して治ります。

梅干しの黒焼き

こちらも、常食用ではなく非常時用に作るもので、こちらも素晴らしい効力があります。

作り方ですが、まず土鍋に梅干しを隙間なく並べます。

次に土鍋と蓋の隙間、蓋に空いてる穴の隙間に小麦粉を練ったものを貼りつめて完全に密封し4~5時間トロ火にかけます。

出来上がったものも種だけを取り除いて すり鉢で粉にすると出来上がりです

梅干しの黒焼きは疲れた時には小さじ一杯飲むといいでしょう。

風邪・下痢・冷え性 等にも大変効果があります。

始めは黒焼きを耳かき1~2杯から様子を見て、小さじ軽く1杯くらいに増やします。

風邪で熱の高い時は1日に3回飲むといいです。

まとめ

梅干しは毎日1個は食べて欲しい、万能薬効食材です。

「梅肉エキス」と「梅干しの黒焼き」はどちらもこの梅の薬効を凝縮したものですから あくまで非常時に飲むものとして扱ってください。

ちなみに、この2つは殺菌効果が強すぎるので食べ過ぎてはいけませんし、幼児には飲ませないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です