アレルギー持ちに良い飲み物

あなたは 普段、喉が渇いた時に何を飲んでいますか?

アレルギー持ちの人は食べ物は勿論ですが、普段飲むものも身体に良いものを飲まなければなりません。

緑茶やウーロン茶などでも農薬を使用しているものはもちろん飲みません。

市販のジュース、清涼飲料水は避けた方が無難です。

姉に言わせると元々、カフェインを含むお茶は厳しい仕事をする人が飲むもので、治療を目的とした飲み物ではないと考えられています。

ですから、たとえ命に関わりそうもないアレルギー程度でも体の弱っている人には刺激が強すぎるのです。

コーヒーや紅茶も同じです。

市販のペットボトル飲料も添加物がたくさん入っているので飲まない方がいいでしょう。

ペットボトルの緑茶やウーロン茶、麦茶も同様です。

果汁100%のジュースであっても身体に良いとは言えません。

原料である果実の農薬の問題もありますし、濃縮還元の自然の果汁ではありません。

その上、果汁100%のジュースには糖分がとんでもない量入っているので身体には良くないのです。

勿論、1滴も気も飲むなと言っているのではなく、出来るだけ避けた方が無難だということです。

アレルギー体質の人に良い飲料

身体に良くない飲み物を飲むくらいならミネラルウォーターを飲んだ方がいいのですが、身体に良い飲み物というのもいくつかあるのでご紹介します。

■スギナ茶

作り方は乾燥させたスギナを一掴みをヤカンに入れて煎じればいいだけ。

スギナ茶を飲むと珪酸の働きで炎症を抑える効果が期待できます。

喘息の発作なはスギナ茶を飲みながらコンニャク湿布をすると落ち着きます。

スギナ茶は利尿作用が大きいので身体の老廃物を出してくれます。

市販の物でも構いませんが、同時にトイレも近くなるのでお出かけ時には注意してください。

■梅干番茶

万能な健康食品の梅干ですが、番茶に入れて飲むと良いです。

湯のみに梅干しを入れて番茶を注げば出来上がり、腸内を整える働きもします。

梅干しと番茶は共に無農薬のものを使ってください。

■梅ジュース

梅ジュースの作り方は、青梅1kgを用意して、まず竹串でヘタを取ります。

ガラス容器をよく洗って熱湯消毒し、青梅は竹串で穴をたくさん開けておき容器に入れる。

国産の蜂蜜を青梅が隠れる程度まで入れる。

青梅に対しはちみつ1.5kg 蜂蜜が全て溶ければ出来上がり。

水で7~12倍に薄めて飲みましょう。

青梅はそのまま食べても、刻んでヨーグルトに混ぜても美味しいです。

■セイタカアワダチソウ茶

お茶にすると少し苦いですがセイタカアワダチソウのお茶も身体には良いです。

乾燥させたセイタカアワダチソウを適当な長さに切って煎じて飲みます。

他の薬草と混ぜて飲んでもいいですし、乾燥させて入浴剤にしてもいいでしょう。

直接 飲んだら毒素も出すし造血を助け細胞に活力をつける薬効があります。

ただし、苦いからといって一気にガブ飲みするのではなくチビチビとゆっくりと少しずつ飲むようにします。

少し苦味があるくらいが美味しいです。

これを飲んでアトピーや喘息などが楽になり治ったという例も多い健康茶です。

セイタカアワダチソウのお茶は市販されていないので自作するしかありません。

■ビワの葉茶

ビワの葉を煎じた「ビワの葉茶」というのは昔から利尿作用があるとされ、様々な薬効があるとされている健康茶です。

葉を乾燥させて煮出すだけなので簡単に自作できますが、非常に苦いため市販の物を買った方がいいです。

市販のビワの葉茶の中でも、特に飲みやすく薬効も高そうなのが「ねじめびわ茶」です。

このお茶は鹿児島の根占で作られたビワの葉茶で高温焙煎という特殊な方法で作れているノンカフェインのお茶です。

まとめ

アレルギー持ちに良い飲み物ということで、いくつか薬草茶をご紹介しました。

梅ジュースは薬草茶ではありませんが、美味しく飲めるのでご紹介しておきました。

姉は、ビワの葉茶は自作してみたところ、とても苦くて飲みずらかったので市販のビワの葉茶を探したところ「ねじめびわ茶」を見つけたそうです。

ネットで、ねじめびわ茶の口コミを調べてみると、麦茶のような味とのことで購入してみたところ、本当に飲みやすかったそうです。

梅肉は非常時の万能薬

梅干しはシソの葉を入れて作った自然農法自然園の梅干しが最も効果があります。

古いものほど薬効は大きいので治療用にはなるべく古いものを使うようにすると良いでしょう。

大きさにもよりますが、1日1~2個は食べてください。

とにかく、騙されたと思って1ヵ月毎日食べ続けるとビックリするくらい肌の状態が良くなります。

梅の実にはクエン酸が多く殺菌力が強いのです。

そのため細胞に活力を与えカルシウムの吸収を助けます。

さらに、腸の有効菌を育て血液浄化をして疲労回復をする非常に優れた食品なのです。

梅肉エキス

これは、常食用ではなく非常時用に作るものですが、素晴らしい効力があります。

市販のものもありますが、自作した方が効果が高いです。

作り方ですが、まず青梅の実を おろし金でおろし、ガーゼで絞り汁を取り、容器に入れて日干しすると飴のようになります。

梅の実が成る季節はちょうど梅雨の頃ですから日に干せない時は土鍋に入れてとろみにかけてゆっくりと水分を蒸発させていきます。

すると段々泡が立ってきますので、この泡を取り除きながらかき混ぜていると日干し同様に真っ黒な飴のようになります。

これで出来上がり、大量の梅を用意しても出来上がるのはほんの少量です。

これをガラスの容器に流し込み密封して保存しますと10年でも保存でき、古くなるほど効くようになります。

使用量ですが、大人なら大豆1粒ほど、子供なら箸の先に付けたくらいの量で十分です。

これは無茶苦茶酸っぱく、殺菌作用もあるので有効な細菌を育て雑菌を殺しますから、腸内の一切の病気に効きます。

腹痛・胸焼け・下痢・便秘・高血圧・低血圧・心臓・肝臓・糖尿 等々の効果抜群、特に下痢にはよく効きます。

アトピー持ちのいる家では必ず1つは作っておいてほしいものです。

これ一つあると大抵の病気は大事に至らずにすみます。

なんの熱と分からなくても梅肉エキスお湯で薄めるかオブラートに包んで1日3~4回飲ませますと大難を免れます。

伝染病の流行っている時などは、この梅肉エキスを飲んでおくと感染しません。

疫病にかかって熱を出した時などにもこれを飲ませますとそのまま解毒して治ります。

梅干しの黒焼き

こちらも、常食用ではなく非常時用に作るもので、こちらも素晴らしい効力があります。

作り方ですが、まず土鍋に梅干しを隙間なく並べます。

次に土鍋と蓋の隙間、蓋に空いてる穴の隙間に小麦粉を練ったものを貼りつめて完全に密封し4~5時間トロ火にかけます。

出来上がったものも種だけを取り除いて すり鉢で粉にすると出来上がりです

梅干しの黒焼きは疲れた時には小さじ一杯飲むといいでしょう。

風邪・下痢・冷え性 等にも大変効果があります。

始めは黒焼きを耳かき1~2杯から様子を見て、小さじ軽く1杯くらいに増やします。

風邪で熱の高い時は1日に3回飲むといいです。

まとめ

梅干しは毎日1個は食べて欲しい、万能薬効食材です。

「梅肉エキス」と「梅干しの黒焼き」はどちらもこの梅の薬効を凝縮したものですから あくまで非常時に飲むものとして扱ってください。

ちなみに、この2つは殺菌効果が強すぎるので食べ過ぎてはいけませんし、幼児には飲ませないでください。

本物の発酵食品を毎日摂るように

漬けもの、梅干し、納豆 などのように長い間かかって漬け込んだ発酵食品は、腸内環境を整え消化吸収を助けるのでアレルギー持ちにも欠かせない大切な食品です。

味噌や醤油も同じように発酵させて作るものですから、これも整腸作用を促進する大切なものです。

発酵食品の中に含まれるバクテリアや酵素は長い時間をかけるほど多くなってその働きが活発になりますから、熟成期間の長いものほど身体にとってもプラスになります。

ですから、「古いものほど薬効がある」ということになります。

腸内環境を整えるために発酵食品を摂る

アレルギー持ちは体内に宿便を溜め込んでいる人が多く、慢性化した病人ほど体の元の細胞に活気がなく腸内環境も乱れています。

ですので、まずは発酵食品を沢山摂って腸内環境整える必要があります。

ということで、発酵食品や自然療法で腸内環境を整えるために努力する必要があります。

 

腸の働きが正常になると、肝臓や腎臓の解毒作用もスムーズに行きます。

分かりやすく言うと、病気を治すのも健康でいられるのも まずは腸からといっても良いのです。

腸内環境が整えば、肝臓も腎臓も元気で全身が活気づきます。

そのために大切なのは できるだけ長いこと寝かせて作った発酵食品を摂るようにする、ということが重要なのです。

特に、味噌や醤油は毎日使う大切なものですので、できるだけ良い物を選びましょう。

自然栽培の材料を使った自然発酵の10年以上熟成のものなど、とにかく古いものほど効力は大きいからです。

味噌や醤油は自然栽培の本物に限ります

科学的に作られた早作りのものや食品添加物入りのものはいけません。

味噌は米麹より麦麹や玄米麹を使った赤味噌がアトピー持ちの人には最も良いのです。

長く寝かせてバクテリアが良く繁殖した古いものほど良いのです。

また、発酵食品はできるだけ毎日摂らなくてはならないほど重要なものです。

これは調味料も自然発酵のもので科学的な手を加えないものに限ります。

勿論、長い間熟成された古いものほど良いのは言うまでもありません。

これが発酵食品は腸内の善玉菌を育て腸の大掃除と腸の吸収力、造血力を強める重要な働きをします。

アトピー持ちの人は そのほとんどが腸が汚れていますから良い発酵食品を毎日食べ続ければ腸内環境は改善し病気も必ず好転するのです。

この働きを助けるのか発酵食品で、特に長く寝かせた古いものほど空気中のバクテリア頭の働きが強く薬効も大きいのです。

まとめ

アトピー持ちの人には漬けもの、梅干し、納豆 などの発酵食品を積極的に摂ることが体質改善には必要です。

これら発酵食品を摂ることで腸内環境が整い、身体の中の免疫機能が改善されていくからです。

特に、味噌や醤油などは毎日食べることが必要で、その際 長期間熟成された商品を選ぶことが重要。

ちなみに、発酵食品としては他にも イカの塩辛、ぬか漬け、かつお節、奈良漬、べったら漬け、ピクルス、メンマ、黒酢、豆板醤などがあります。