アレルギー持ちに良い飲み物

あなたは 普段、喉が渇いた時に何を飲んでいますか?

アレルギー持ちの人は食べ物は勿論ですが、普段飲むものも身体に良いものを飲まなければなりません。

緑茶やウーロン茶などでも農薬を使用しているものはもちろん飲みません。

市販のジュース、清涼飲料水は避けた方が無難です。

姉に言わせると元々、カフェインを含むお茶は厳しい仕事をする人が飲むもので、治療を目的とした飲み物ではないと考えられています。

ですから、たとえ命に関わりそうもないアレルギー程度でも体の弱っている人には刺激が強すぎるのです。

コーヒーや紅茶も同じです。

市販のペットボトル飲料も添加物がたくさん入っているので飲まない方がいいでしょう。

ペットボトルの緑茶やウーロン茶、麦茶も同様です。

果汁100%のジュースであっても身体に良いとは言えません。

原料である果実の農薬の問題もありますし、濃縮還元の自然の果汁ではありません。

その上、果汁100%のジュースには糖分がとんでもない量入っているので身体には良くないのです。

勿論、1滴も気も飲むなと言っているのではなく、出来るだけ避けた方が無難だということです。

アレルギー体質の人に良い飲料

身体に良くない飲み物を飲むくらいならミネラルウォーターを飲んだ方がいいのですが、身体に良い飲み物というのもいくつかあるのでご紹介します。

■スギナ茶

作り方は乾燥させたスギナを一掴みをヤカンに入れて煎じればいいだけ。

スギナ茶を飲むと珪酸の働きで炎症を抑える効果が期待できます。

喘息の発作なはスギナ茶を飲みながらコンニャク湿布をすると落ち着きます。

スギナ茶は利尿作用が大きいので身体の老廃物を出してくれます。

市販の物でも構いませんが、同時にトイレも近くなるのでお出かけ時には注意してください。

■梅干番茶

万能な健康食品の梅干ですが、番茶に入れて飲むと良いです。

湯のみに梅干しを入れて番茶を注げば出来上がり、腸内を整える働きもします。

梅干しと番茶は共に無農薬のものを使ってください。

■梅ジュース

梅ジュースの作り方は、青梅1kgを用意して、まず竹串でヘタを取ります。

ガラス容器をよく洗って熱湯消毒し、青梅は竹串で穴をたくさん開けておき容器に入れる。

国産の蜂蜜を青梅が隠れる程度まで入れる。

青梅に対しはちみつ1.5kg 蜂蜜が全て溶ければ出来上がり。

水で7~12倍に薄めて飲みましょう。

青梅はそのまま食べても、刻んでヨーグルトに混ぜても美味しいです。

■セイタカアワダチソウ茶

お茶にすると少し苦いですがセイタカアワダチソウのお茶も身体には良いです。

乾燥させたセイタカアワダチソウを適当な長さに切って煎じて飲みます。

他の薬草と混ぜて飲んでもいいですし、乾燥させて入浴剤にしてもいいでしょう。

直接 飲んだら毒素も出すし造血を助け細胞に活力をつける薬効があります。

ただし、苦いからといって一気にガブ飲みするのではなくチビチビとゆっくりと少しずつ飲むようにします。

少し苦味があるくらいが美味しいです。

これを飲んでアトピーや喘息などが楽になり治ったという例も多い健康茶です。

セイタカアワダチソウのお茶は市販されていないので自作するしかありません。

■ビワの葉茶

ビワの葉を煎じた「ビワの葉茶」というのは昔から利尿作用があるとされ、様々な薬効があるとされている健康茶です。

葉を乾燥させて煮出すだけなので簡単に自作できますが、非常に苦いため市販の物を買った方がいいです。

市販のビワの葉茶の中でも、特に飲みやすく薬効も高そうなのが「ねじめびわ茶」です。

このお茶は鹿児島の根占で作られたビワの葉茶で高温焙煎という特殊な方法で作れているノンカフェインのお茶です。

まとめ

アレルギー持ちに良い飲み物ということで、いくつか薬草茶をご紹介しました。

梅ジュースは薬草茶ではありませんが、美味しく飲めるのでご紹介しておきました。

姉は、ビワの葉茶は自作してみたところ、とても苦くて飲みずらかったので市販のビワの葉茶を探したところ「ねじめびわ茶」を見つけたそうです。

ネットで、ねじめびわ茶の口コミを調べてみると、麦茶のような味とのことで購入してみたところ、本当に飲みやすかったそうです。

驚くべきスギナのデトックス効果

つくし等と一緒に生えてくるスギナにも凄い薬効があります。

スギナは全国に広く分布し、春から夏にかけて増殖する非常に強い生命力でやっかいな雑草としても有名ですが、これが意外とすごい効能を持っています。

ガンや糖尿病、腎臓結石、カリエス、肝臓病、胆嚢炎、リウマチ、神経痛その他に驚くべき効果があるとも言われています。

この繁殖力が弱った体にエネルギーを与えてくれ、しかも比較的手に入りやすい野草です。

スギナには16%もの「珪酸」というミネラルが多量に含まれていて、これが血管をキレイにし炎症を抑えてくれるのです。

この珪酸と共に他に含まれる未知の成分が難病を治す力の源になっているようです。

スギナ茶とスギナの温湿布

姉はスギナエキスを作っており、作り方はビワの葉エキスの作り方と同じ方法です。

姉は主に肌に塗る化粧水代わりに使っているそうです。

1ヵ月以上置くと薄い緑色のエキスができビワの葉エキスより薄い色なので衣服についてもシミが目立たないのだそう。

他にも「スギナ茶」にしたり「スギナ温湿布」にしたりする方法がありますので ご紹介。

■スギナ茶の作り方

スギナ茶は市販のものもありますが、スギナさえ手に入れば自作出来ます。

まず、日干しにしたスギナを1つかみを土鍋に入れ、水を700mlぐらい入れて煮出します。

沸騰したら4~5分で火を止めます、これで出来上がり。

リウマチ、神経痛、関節炎、気管支炎にも効く効き身体のだるさが消えます。

スギナ茶の飲み方は冷やしたものをグーっと直ぐに飲み干すのではなく、熱々を魔法瓶に入れて一日中でチビチビ飲むということです。

■スギナ温湿布のやり方

両手いっぱいの生のスギナを布袋に入れ、蒸し器で10分蒸します。

それをタオルに巻いて熱さを調節して患部に置きます。

この場合方、保温を持続することが大切で、2~3時間から一晩続けます。

特に症状が重い場合は、朝 床の間で湿布をして2時間ほど患部に当てておきます。

また午後の空腹時にも2時間ほど湿布をし、夜も一晩中湿布をします。

忘れてはならないことは湿布はいつも湿気があり暖かくしておくということ。

茹でコンニャクを上から置いても良く、使い捨てカイロの利用もいいでしょう。

まとめ

自然療法に使うスギナは出来れば森の中や林の中のものを使った方が特に効果が大きいそうです。

除草剤などが撒かれた土地に生えているものは避けるのは言うまでもありません。

また、スギナは時期になるとヤフオクに出品されていますので、たくさん作って保存しておくと良いでしょう。