治りかけの時が特に注意が必要

アトピーは治りかけの時が一番大事で、特に注意が必要な時期です。

肌の状態が好転してくると今までとはまるで違った人のように身軽になり元気になります。

そして、食欲も旺盛になります。

何を食べても美味しいいくら食べてもすぐお腹がすいて食べたくなるという時があります。

これも「好転反応」の1つで大変良いことです。

治りかけの時が特に注意

それぞれの体質によって回復の仕方も違うと思いますが、自然療法や食事の改善を行っていけば次第に健康を取り戻してきます。

すると、「もう治ったのだから自然療法はヤメ!」となり、自然療法をすっかり止めてしまう人がいます。

食欲が復活し自覚症状が良くなるとアトピーの状態もすっかり良くなったように見えます。

でも、この自然療法で癒された感謝を忘れて また元の食事戻ったらせっかくキレイになったのにまた元の木阿弥になってしまいます。

大抵はここで「治った!」と思って大喜びして食欲に任せて食べ過ぎてしまいます。

そうなると、また元の状態に戻ってしまうことになります。

これは、一時的に改善しただけで決して完全に治ったのではありません。

毒素が一応流れて今まで疲れて働けなかった細胞がやっと働き出した状態なのです。

この状態をますますよく活動させるためにはどんなに食欲があっても腹八分を守り調子に乗って食べ過ぎないことです。

これは注意してもよく失敗します、失敗してやっと分かることが多いのです。

実は、ここから本格的な健康づくりが始まるのです。

元の食材のものに切り替えていく

身体の状態が良くなってきたら、同じ自然食でも徐々に元の食材のものに切り替えていきます。

勿論、基本的には和食が中心ですが、今まで食べると良くなかったものでも食べてみて 何でもなければ段々と慣らしていき、病人食でない健康人の食生活に戻していくのです。

そして、自然に感謝し素晴らしい運命の転機となり新しい人生をたくましく生きられるでしょう。

一応、病気が治ってもまだ弱い体質は残っています。

細胞が新しくなり体質が変わるのには少なくても半年はかかります。

自然療法は素晴らしい療法ですが、食事を改善してアレルギー体質が改善したなら今度は通常の食事に徐々に戻していくのも大事なことなのです。

油断せずに心して生活しましょう。

まとめ

アトピーは治りかけの時が一番大事で、ここで油断してはいけません。

暴飲暴食を控えることは当然ですが、身体が改善して来たら身体にとって良い物だけでなく悪いといわれるものも徐々に摂ることも重要です。

発酵食品や薬効のある食品は摂り続けますが、それだけ食べ続けるというのはストレスがかかります。

ですので、通常の食事も食べるようにしていく事で身体を治すことで本当の意味で健康な身体に変わっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です