日常生活での経費毒の危険

日常生活での大きなポイントが、自然界で分解しにくい化学薬品の入っている製品は生活の全てで使わないようにすることです。

化学薬品はどんなに少量でも皮膚から吸収され身体の中に蓄積されていきます、これを「経皮毒」と言います。

その最も代表的なのが「洗剤」「シャンプー」「パーマ」「髪染め」といった 洗うものとヘアケアに関するものです。

洗剤がヤバい!

合成洗剤を使って食器を洗い終えると爪と皮膚の間が広がったような指がカサカサするようなことは誰でも感じていると思います。

人間の皮膚を保護している油と皮膚組織の一部までを合成洗剤は溶かしてしまうのです。

勿論、少量ならそれほど害はありませんが毎日の食器洗いともなると いかに「優しい植物成分使用」などと宣伝していても やはり石鹸にはかないません。

石鹸が落とすのは汚れと油だけですから、これは実際に使ってみれば分かります。

シャンプーがヤバい!

ヘアケア商品には本来的に髪や頭皮に悪影響を与える成分が含まれてしまっています。

その代表的な成分「ラウリル硫酸ナトリウム」で、これは大変泡立ちがよく浸透力洗浄力が非常に強力な反面通りトラブルなどの原因とされているのです。

一般的な洗浄成分ですが、これは旧厚生省が動くまでに安全性に問題があり皮膚障害を起こすおそれのある成分と定めた代物です。

頭皮への刺激が強く皮膚の弱い人などはこの成分によって皮膚障害を起こすおそれ恐れがあります。

外国の製品に多く使われている傾向があり、この成分は他の名前で表示されていることも多いので注意が必要です。

「無添加」「オーガニック」「天然成分」「植物性」これらの言葉には意味がありません。

これらはただのイメージで、明確な基準や定義が存在しないからです

では、どんなシャンプーを使えばいいかというと石鹸系のシャンプーです。

パーマがヤバイ!

パーマ溶剤は1液と2液を使っています。

1液はアルカリ性の溶剤で、これを髪に塗りつけロッドなどで髪を曲げた状態にしてシステインを結合を切断します。

次に2液は酸性の溶剤で、これを髪に塗りつけ1液で切断したシステインをねじれた状態で再び結合させます。

この結果、髪はウェーブのかかった状態で固定されるというわけです

パーマ溶剤は毛髪の奥まで浸透して重要なアミノ酸の結合を壊し無理やりつなげる行為なのです。

アルカリ性から酸性と対極にある刺激を与えることで髪を矯正しているのです。

これらの溶剤は非常に強力なもので、髪は当然ですが頭皮に付くとかなりのダメージを受けてしまいかねない危険な溶剤なのです。

髪染めがヤバイ!

カラーリングにも色々種類があり溶剤によって「永久染毛剤」「半永久染毛剤」「一時染毛剤」の3種類がありますが、特に永久染毛剤はパーマと同様毛髪に強いダメージを与えます。

いわゆるヘアカラーと呼ばれる染色剤で、色落ちがなく色持ちが1~2ヶ月と最も長いのが特徴です。

これらによる染色ではパーマのように1液と2液を使います。

1液にはジアミン酸系酸化染料という種類で、アルカリ性毛髪の奥まで浸透し化学変化によって染料を定着させます。

2液は酸性の濃度の高い過酸化水素で、毛髪の色素を薄くする作用があります。

これらの溶剤は毛髪の表面や内部に浸透し、たんぱく質の結合を著しく弱めるのです。

永久染毛剤の溶剤は非常に強いアレルギー反応を引き起こす危険があります。

商品の注意書きには「毎回パッチテストを行ってください」と書かれています。

特にアレルギー反応が出やすいのはパラフェニレンジアミンデイジーアミンという酸化染料で、カラーリングや白髪染めに含まれており、ある日突然症状が現れることがあります。

まとめ

この中で一番ヤバイのがヘアダイと呼ばれる髪染めです。

母の知り合いに、美容院で白髪染めをしてもらった友人が店からの帰り道で突然目が見えなくなったという人がいます。

これは「ブラックアウト」という突然目が見えなくなる現象で、勿論 原因はヘアダイのアレルギー反応のためでした。

このように、ヘアダイのアレルギー反応というのは経皮毒が身体の中に溜まっていきある日突然発症することが多いのです。

ちなみに、母の友人の目はその後回復したそうですが、それにしても怖い話ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です