完全食品の玄米を主食にする

食事療法として姉が一番初めに試したのが玄米食です。

実は、これ昔 俺が子供の頃に買った本に書いていたことを参考にしたのだそう。

この本と言うのが、かなり変わった本でして…「鉄人を創る肥田式強健術」というもの。

自分は昔、「ムー」という雑誌を買っていたことがあり、これはそれ関連で出版されたものなのです。

簡単に説明すると、肥田春充というのは様々な伝説のある不可思議な実在の人物で、その肥田氏が創出した肥田式強健術について写真入りで詳しく解説されています。

その中に「天真療法」というのがあり、これは自然治癒力を高めるため、食養(玄米菜食)などで身体の中から自己開発を進めていく、という自然療法を紹介しています。

天真療法では、玄米を数日間水に浸けて玄米を発芽させた「発芽玄米」を生の状態で食べるのが一番身体にとって良いとされていて

この本の中では発芽玄米をミキサーににかけて食すという方法を勧めていました。

玄米は完全食品!

ちなみに、玄米というのは白米を生成する前の状態のお米のことです。

玄米は「完全食品」と呼ばれているぐらい人に必要な栄養が全て詰まった理想的な健康食品です。

まずは、お米の構造を見てみましょう。

この「胚芽」という部分にビタミンB1・B2・B6.E/プロビタミンC・他各種ミネラルが豊富に含まれている部分なのです。

胚乳というのが白米の部分で、お米の栄養は胚芽という部分に集中しており、白米というのは お米に備わっている栄養素を全て削ぎ落とした状態ということなのです。

ただ、100%の玄米を食べても美味しくないので、最初は白米8割:玄米2ぐらい混ぜて炊くことから始めてちょっとずつ割合を増やしていくとイイいのです。

ちなみに姉は今、白米3割:玄米7ぐらいの割合で お米を炊いているそうです。

発芽玄米が理想ですが、発芽する前に炊いて食べても構いません。

また、玄米の他にも「分づき米」と「胚芽米」というお米もあります。

分づき米とは:精米の際に玄米から胚芽やその糠の部分を一部残して精米したお米をのこと。

分づきには精米度合によって【三分づき】【五分づき】【七分づき】などがあり、数字が大きい順に白米に近くなります。

胚芽米とは:米種子の胚芽を残すように、特別な方法で精白した米のこと。

普通の精白米に比べて微量栄養素や生理機能成分を豊富に含み、また、玄米に比べて食べやすく消化されやすい特徴があります。

胚芽米は、栄養価を損なわずに白米の持つおいしさを追求したお米です。

 

「どうしても玄米は嫌だ」という人はお米屋さんで「分づき米」か「胚芽米」を注文して購入してみるのもいいと思います。

玄米には毒が含まれている!?

完全食品と呼ばれている玄米ですが、食べる場合1つだけ注意点があります。

玄米には「アブシジン酸」と言う毒が含まれているので、最低でも一晩(8時間程度)水につけておいて無毒化させなくてはいけないのです。

また、炊く時には白米だけの時よりも やや多めに水を入れて炊くのが美味しく食べるコツです。

玄米を事前に水に浸けずに普通に洗ってから炊飯してしまうと、この毒も一緒に食べてしまうという危険性がありますので ご注意を。

アブシジン酸を毎日取り続けると冷え性になりやすく 体温が低いということで免疫力を下げ病気やあらゆる感染症にかかりやすくなる、と言われています。

 

玄米を常温で水につけておくと水が濁り、独特の糠臭さが出ますので、水は毎日とり変える必要があります。

姉は、水につけた玄米を冷蔵庫で保存しているそうです。

冷蔵庫に入れておくと発芽しにくくなるのですが、糠臭さは出ないのだそう。

この玄米ですが、スーパーではなく お米屋さんで買った方がいいようです。

何でもスーパーで売っている玄米は水につけても浮いちゃうそうで、長時間水につけておいてもほとんどは発芽しないのです。

これは 玄米が熱処理されて死んでしまっている可能性が高く、玄米を買う場合はちゃんとしたお米屋さんで買った方がいいとのこと。

まとめ

姉は発芽玄米の状態にするには夏でも数日かかるので、一晩水に浸けた玄米を翌日に白米と混ぜて炊いて食べる、というやり方をしています。

冷蔵庫に入れておけば糠臭くならないし、数日置いておいても大丈夫だそうです。

玄米食を続けていると肌がキレイになってくるそうです。

ということで、自分も玄米を買おうと近所のお米屋さんを回ったのですが「玄米は売れないのでウチではもう扱っていない」と言われてしまいビックリ。

玄米を売っているお米屋さんを探すのにえらい苦労しました。

また、お米屋さんによると「玄米も古米だと糠臭くなり味が落ちるので新米を買った方がいい」と言われました。

自分の買った玄米は5キロで2000円もしなかったので無茶苦茶安かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です