保湿や抗菌作用のあるアロエ石鹸の作り方

肌にアロエのエキスをつけると皮膚を形作るコラーゲンの量が著しく増えることが確認されています。

おそらくアロエに含まれる有機酸がコラーゲンの生成を促進するためではないかと考えられています。

また、保湿や抗菌作用に抗炎症作用、紫外線予防、美白効果など美肌成分がたっぷりと含まれているアロエ。

こうした成分を無駄なく吸収できる方法の一つが「アロエ石鹸」です。

以前書いた記事で紹介したアロエ風呂に加えてこのアロエ石鹸を使えばより効果的です。

アロエ石鹸の作り方

材料:キダチアロエまたはアロエベラ適量、石鹸、布袋、輪ゴム。

5~6センチに切ったアロエのゼリー部分を2~3枚用意し、石鹸の上に乗せます。

ガーゼを広げ中にアロエと石鹸を落とさないように包み入れて輪ゴムで閉じます。

アロエが布に密着した部分を肌に当てて石鹸を使います。

使用後はアロエのみを捨てて、使うたびに新しいものに変えてください。

角質除去・美肌の効果アップに

私たちの形を作る細胞は新陳代謝を繰り返し古い細胞型伊豆新しい細胞へと入れ替わっています。

皮膚の場合はおよそ28日間周期で全ての細胞が再生されますがその際どうかと深く関わるのがコラーゲンというタンパク質です。

コラーゲンは細胞間物質などとも呼ばれ細胞と細胞をつなぐ材料となって弾力のあるしなやかな肌を作ります。

しかし農家とともにコラーゲンの生成スピードが遅くなりこれがシワの原因となるのです。

このコラーゲンの生成を高めるためにアロエエキスは非常に有効であることが分かってきています。

まとめ

アロエは肌に塗るだけでなく食べたりしても薬効がある万能薬です。

ただ、肌に塗ってもいいのですが 肌の新陳代謝がもっとも激しくなるお風呂の入浴時にも使おうというのが、このアロエ石鹸という訳です。

アロエの透明なゼリー状の果肉を石鹸の上に乗せて布袋にくるんで使うだけ。

ですが、日持ちはしないのでアロエは使うたびに新しい物を用意する必要があります。

1日の疲れを取るアロエ風呂

アロエにはたくさんの薬効成分が入っています。

その成分の中には細菌の増殖を抑えたり毒素を中和させる働きがありますし、メラニン形成阻害作用もあり、日焼けのほてりや炎症を抑えて肌を正常に戻す作用もあります。

また抗菌効果もあるのでニキビなどで傷んだ皮膚を正常に戻します。

さらに炎症を抑える美肌作用や肌にハリをもたらせるコラーゲンの生合成を効果、肌を引き締めるエストリンゼン効果や保湿効果もあります。

1日の疲れを取るアロエ風呂

お風呂に入り、全身の皮膚の毛穴が開いた状態になるこの時にアロエを入浴剤として使うと抗菌効果や保湿効果など効率よくアロエの栄養を吸収できます。

またアトピーに効果があると言ってもアトピーの原因すら解明されていないのが現状ですから何でもアロエだけに頼るのは危険です。

使用にあたっては注意が必要です。

事前にパッチテストした上で少量をから始めましょう。

皮膚に痒みや赤みが出たら使用を止めてください。

アロエをお風呂に入れる場合は長時間入れたままにせずに、新鮮で清潔なアロエを使うことが原則です。

アロエの主成分であるた多糖体は大変に腐りやすいからです。

アロエ風呂のやり方

材料:アロエベラの生葉2枚(約500g) ネットまたはガーゼ、輪ゴム

まずアロエのトゲを取り除き、皮ごと1センチほどの長さに切り、ネットに入れてそのまま浴槽に浸します。

ガーゼや日本手ぬぐいに入れて行なってもいいでしょう。

アロエを擦りおろすやり方もあります。

材料:アロエベラの生葉1枚、ガーゼ、おろし金、輪ゴム

アロエは葉の途中で切らずに根元から取ったものを使います。

歯についた土を水で洗い流しキッチンペーパーなどで十分に水気を取る

おろし金を使ってアロエをすりおろしガーゼを入れる

この罪をお風呂に浸すだけで出来上がり。

まとめ

お風呂に入れる時の注意

初めてアロエを入浴剤として使う場合は少量から試し少しずつ量を増やして試してください。

また 長時間湯に入れておくのではなく、常に清潔で新鮮なアロエを使いましょう。

簡単で効果的な足湯のススメ

お風呂に入らなくても同じ効き目があるとされるのが「足湯」です。

月経痛・風邪・疲労・むくみに血行を良くして冷えを取ります。

冬の時期に寒い外出先から帰った時や、部屋の中でも身体が冷えてると感じたら即 足湯!

わざわざ お風呂に入らなくてもいつでもできる足湯はぜひ取り入れたい温まり方です。

下痢・腹痛・頭痛・下血などがあって体調が悪く夜の入浴が出来ない時、風邪気味の時、または怪我をして入浴ができないというような時にも この方法で体の冷えを取ることができます。

発汗効果もありますので 手軽な水はけ法としても有効です。

足湯の仕方

浴槽に30~45度ほどの ぬるめのお湯を入れます。(洗面器を使っても構いませんが、お湯の量が少ないと冷めるのも早いです。)

お湯の量が足を入れた時足首の上に来るくらいになる程度でいいでしょう。

そこにコップ半分の粗塩を加えます。

荒塩は体の老廃物を湯の中に引っ張り出してくれます。

イスに座って両足の指先から静かに湯に入れて行きます。

5分たったら、同じ30~40度ぐらいのぬるま湯を足していき さらに5分つけます。

足をつけている時間は合計で10分ぐらいから始めてください。

足をつけて5分ほどで全身がポカポカと温まり汗が出て気持ちよくなります。

汗をかくので上半身を薄着にしてすぐ汗を拭けるようにしておいてください。

粗塩の足湯が終わったら一旦タオルで拭き、もう一度 今度は ぬるま湯だけにつけて足の塩分を落とし再度タオルでよく拭きます。

まず、3週間毎日続けてみてください。

足先や腰の冷えが取れていて足が疲れにくくなります。

タワシで足の裏をこする

足湯の際、柄付きのタワシで足の裏をゴシゴシとこするという方法もあります。

足の裏には様々なツボがあり身体の不調のある部分につながっています。

ですから、足裏を刺激してれば経絡を通して内臓の調子を整えたり自律神経やホルモンのバランスを良くすることもできるのです。

勿論、普通のタワシを使っても構いません。

まとめ

足湯は時間もかからず簡単に準備ができるので、是非利用すべきです。

最近は、夏でも冷房が効きすぎて夏身体が冷えててしまう人が多いのだそうです。

冷えは万病の元なので、手軽にできる足湯はお勧めです。

また、デスクワークが多い人なら100均で売っているゴルフボールを買ってきて、それを使っていない靴下に2つ入れて 足の裏でグリグリしてもいいですよ。

自然の薬草を使った入浴剤の作り方

お風呂は家庭で気軽にできるとても大切な療養の場です。

お風呂は胸より下の半身浴で ぬるめの お湯に20分以上浸かった方がいいと言われています。

ですが、これは お風呂場が温まりやすい夏場に限ったこと。

風呂場内が寒い冬場だと、やはり全身入浴の方がいいそうです。

お風呂に入っていると新陳代謝が良くなり感染や毛穴などから身体の中の悪いものが出てきます。

そこで、昔からある暮らしの知恵として より効果を高めるために薬草入浴剤を自作してみましょう。

薬草入浴剤の作り方

身近にある素材の使った温め効果のある入浴剤は身近に手に入るもので作れます。

大根の葉


冷え性の人にオススメしたいのが干葉湯(ひばゆ)です、干葉とは大根の葉を干したもののこと。

大根は生のままでは漢方でいう寒の性質を持ちますが、干すと体を温めるように変わります。

これは食べる場合だけではなく入浴剤として使う場合も同じことで、お風呂に入れれば身体を芯から温めてくれます。

大根の葉はよく水洗いして日当たりの良い場所に置き、カラカラに乾燥させてから布袋に入れて使います。

ドクダミ


ドクダミを入れた お風呂は冷え性や月経不順に効果があります。

またニキビや吹き出物あせもなど肌のトラブルにも改善してくれます。

どくだみの花が咲く5~6月に株を根ごと掘り起こして、流水で土や汚れなどを洗い落とします。

次に細かく刻んでザルなどに入れ、風通しの良いところにひろしに日干しします。

日が落ちる前に散り込み、翌日また日干しするという方法で3日程 干してください。

取り込むのを忘れたり 長く干しすぎると薬効が落ちます。

びわの葉

ビワの葉をホワイトリカーやエタノールで浸けたものは、1年ぐらいしたら中のビワの葉を取り出すのですが…

その際、そのビワの葉を捨てないで布袋に入れて お風呂に入れれば入浴剤としても使えます。

新規でビワの葉風呂にしたい場合は、30枚ほどの袋に入れお風呂に入れます。(鍋に入れて煮出したものをお風呂に入れても可)

お風呂の お湯は流さないで何日か入ります。

だんだん茶色になりゆも柔らかくよく温まり疲れを取ります。

この湯に毎日入っているといつのまにか水虫などは治ってしまいます。

びわの葉を干して保存し、煮出した汁で足湯などしますと その効果は一層大きくなります。


頑固な冷え性や神経痛に悩む人には塩湯がいいでしょう。

家庭で使用する場合は、普通の浴槽に20~30gの塩を溶かして入ります。

使う塩はミネラルを多く含んでいる粗塩であれば理想的。

皮膚が弱くない人は塩湯に入った後は洗い流さない方が塩の保温効果が持続します。

その他にミカンやレモンなどの柑橘類の皮、柿やビワの葉、ヨモギなどの野草も乾燥させると保湿効果のある入浴剤になります。

まとめ

大根の葉や塩などは手に入りやすいものなので入浴剤を作る材料としてはいいですね。

安く手に入るのも素晴らしい。

ドクダミは前に住んでたマンションの周りに無茶苦茶自生してたなぁ~。(笑)

他にも、ビワの葉や柿の葉、ヨモギやスギナなども乾燥させれば入浴剤として使えます。

また、リラックス系のアロマオイルお風呂に入れると効果がありますが…100均のものはダメですよ。

本物のアロマオイルは100円じゃ買えませんから。