姉の子供の頃からのアレルギー遍歴

一口にアレルギーといってもその症状は人それぞれです。

姉は子供の頃からのアレルギー体質で、腕や足などのかゆみが一年中治らず、物心ついた頃から耳鼻科通いをしておりました。

かゆみは勿論つらかったのですが、鼻づまりで鼻呼吸が出来なかったこともかなりつらかったそうです。

呼吸ができなくなるので当然 口呼吸になるのですが、そうなると体育の時間はかなり辛い時間になりました。

喉がカラカラになるため風邪をひきやすくなり、口内も舌もよく噛むため口内炎も出来やすかったのです。

ステロイド系の塗り薬

やがて姉は中学生になりましたが、鼻炎はあい変わらず。

しかし、病院で「アトピー性皮膚炎」という病名が分かり、ステロイド系の塗り薬を処方されました。

その頃の姉は、「身体の痒みは薬さえつければ何とかなるんで大丈夫」と思っていたそうです。

医者は「アレルギーは体質ですから治るものではありません。 一生付き合っていかなければいけないので、アトピーの原因をなくしましょう。」と言い。

直射日光を避けたり汗をかいたらすぐにシャワーなどで流すなどの助言をしてもらいましたが、心ここにあらず。

根本治療ができず、対症療法しかないという現実が受け入れがたく「一生付き合っていかなければいけないのなら 薬だけもらえればいいや」と思っていたそうです。

実際、20歳までは薬を塗りさえすれば症状が治まっていたそうなのですが…。

30歳を過ぎた頃からアトピーや鼻炎以外の色々な不快な症状が現れてきたのです。

処方薬が効かなくなってきた

35歳過ぎからは症状も悪化してきて、それまで効いていた薬かだんだんと効かなくなってきました。

薬を塗った時はすぐに効くのですが しばらくするとまた元の状態に戻ってしまいます。

夏風邪をひいて何とか症状は治まったのですが、咳だけが止まらず 夜も眠れなくなり次第に息苦しくなってきたので病院に行くと…。

何と医者から「喘息」だと宣告されたのです。

喘息は子供の病気と思っていた姉はかなりショックだったそうです。

その数年前に結婚し、旦那が猫好きのために猫を飼っていたのですが事情を話し 旦那は泣く泣く猫を実家に預けることに同意しました。

ただし、猫カフェは仕事なので辞める訳にはいかず 猫の毛を自宅に入れないよう細心の注意をすることに。

猫は娘もは自分も可愛がっていた猫だったので かなりつらい思いをしていたのですが…

そうこうしているうちにアトピー鼻炎喘息症状がどんどん悪化していき薬の量はどんどん増えたのに症状は悪くなる一方だったのです。

そんな時に、姉は友人から「自然療法を試してみたら?」言われたそうです。

まとめ

様々な病院で様々な薬を処方されてきた姉ですが、症状が悪化し医者に喘息と診断され 可愛がっている猫を実家に預けることになってしまいました。

そんな、絶望の状態で友人から言われた一言。

姉は まさに目から鱗が落ちた状態で病気に対する考えや、普段の食事、自分の身体に対する考え方がガラッと変わったのだそう。

何より、元気な身体になって再び飼っていた猫を自宅に迎える日を目指すとこに決めたのです。

人の身体は食べ物でできている、病気の体も食べ物が作っている、ならば食べ物を正せば身体が変わるし病気も治るのでは!?

そう思った姉は自然療法に関する本を読み漁り、様々なものを自分の身体で試しながら試行錯誤していきました。

そして、それらの本をヒントにしながら 姉なりのやり方で試し、その結果 効果があったものを体験談を交えながら具体的にご紹介しましょう。

追伸:姉の喘息やアレルギー症状は改善されたので 猫は実家から無事引き取ったそうです。

アレルギーを自力で治した姉の秘密とは!?

私は福井英和と申します、37歳独身です。

私の姉である佐々木和子(旧姓:福井和子)は41歳の主婦で一児の母です。

現在の姉はすこぶる健康で、ここ数年は風邪を引いたことがないとのこと。

そんな姉なのですが…

実は、姉は30代後半まではずっとアトピー・喘息・鼻炎に苦しんでいたのです。

私や父母は丈夫で健康だったのですが、家族の中で姉だけが 子供の頃から皮膚が敏感で身体が弱かったのです。

その原因は…

「私が生まれた時、お母さんは婆ちゃん(姑)と同居生活をしていたからよ!

そのストレスが原因で私はこんなに不健康に生まれたのよぉ~。」

 

と、姉は高校の頃よく自分にグチっておりました。

父方の祖母は無茶苦茶ケチで、かなり厳しい人だったそうなので 母も当時は大変気苦労が絶えなかったのだそう。

一方、自分が生まれる頃には両親は実家から独立し、自分たちの家を建てて住み始めており ストレスのない生活だったのです。

勿論、姉のアレルギー体質がそんなことが原因だとは思いませんが…。

そんな姉も20代後半で結婚、子供が生まれるとアトピーが治ると聞いていたらしく それを楽しみにしていたのだそう。

でも、子供生まれてもアトピー体質は全然変わらずにガッカリ。

ところが、です!
 

40歳を境に 姉は薬を使わずにすっかり健康になってしまったのです。

父や母、弟など家族は皆ビックリで「何で?何で?何で?」状態でした。

しかも、姉の旦那は大の猫好き猫カフェを経営してるほどで自宅でも猫を1匹飼っていたのです。

猫の毛なんて迷惑千万じゃないですか。

そんな状況の姉が 1年余りでどのようなことをして健康を手に入れたのか、その秘密を暴露させていただきます。

姉のアトピーはこんなに酷い状態だったのです。

薬を使わず医者にもかからずにアトピーを治した、と言うと。

「アレルギーは免疫反応だから、年を取ると老化現象で免疫反応が抑制されるから まるで治ったような状態になることがあるのでは?」という人がいます。

本当に加齢のせいなのでしょうか? 「いや、違う!」と姉は断言します。

私もそう思います、何故なら姉のアトピーは本当に酷い状態だったからです。

顔や首、時には身体の全身にかゆみが起こることも。

布団に入って横になると咳が出て中々眠ることができない。

風邪をひきやすく治りずらく、ほぼ治っても咳だけが残る。

慢性的な鼻詰まりで口で息をするので喉がカラカラに。

目の痒み、充血、まぶたが腫れることも。

のどに痒みがでたり、咳が出たら中々治まらない。

頭がスッキリせずにぼんやりしていることが多い。

休んでも疲れが取れず、朝起きるのが辛い。

何に対してもやる気が起きない。

いつも無意識に身体のどこかを掻いている。

日焼けが出来ないので外出時は夏でも長袖。

気温の変化に敏感で、化学繊維などでもカブれてまう

髪の毛に張りと艶がなく、切れ毛や枝毛がひどい。

頭痛・生理痛が重くてツラく突然 下痢をすることがある。

 

などなど、症状は年々酷くなり 薬の効きも悪くなる一方だったのです。

ホント、こんな状態で姉ちゃん よく結婚できたなぁ~と思います。

ところが、その わずか1年後。

全ての症状が改善したのです。

まとめ

信じられますか? 姉の旦那や娘は勿論ですが 姉自身も相当に驚いたそうです。

たったの一年ちょっと、というわずかな期間で 今までのアトピーの不快症状が全て消えてなくなったのですから。

ほんの数年までは季節の変わり目などに喘息の発作が起きていたことがあったそうですが、今では全く出なくなったのだそう。

現在、喘息発作もアトピーの症状も全く出ていません。

これは「アレルギーが完全に治った」と言えるのではないでしょうか?

薬も飲まず医者にもかからなかったのにも関わらず なぜ そんなにことが起きたのでしょうか?

それは、姉のひたむきな探求心と壮絶な努力の賜物だったのです!