簡単で効果的な足湯のススメ

お風呂に入らなくても同じ効き目があるとされるのが「足湯」です。

月経痛・風邪・疲労・むくみに血行を良くして冷えを取ります。

冬の時期に寒い外出先から帰った時や、部屋の中でも身体が冷えてると感じたら即 足湯!

わざわざ お風呂に入らなくてもいつでもできる足湯はぜひ取り入れたい温まり方です。

下痢・腹痛・頭痛・下血などがあって体調が悪く夜の入浴が出来ない時、風邪気味の時、または怪我をして入浴ができないというような時にも この方法で体の冷えを取ることができます。

発汗効果もありますので 手軽な水はけ法としても有効です。

足湯の仕方

浴槽に30~45度ほどの ぬるめのお湯を入れます。(洗面器を使っても構いませんが、お湯の量が少ないと冷めるのも早いです。)

お湯の量が足を入れた時足首の上に来るくらいになる程度でいいでしょう。

そこにコップ半分の粗塩を加えます。

荒塩は体の老廃物を湯の中に引っ張り出してくれます。

イスに座って両足の指先から静かに湯に入れて行きます。

5分たったら、同じ30~40度ぐらいのぬるま湯を足していき さらに5分つけます。

足をつけている時間は合計で10分ぐらいから始めてください。

足をつけて5分ほどで全身がポカポカと温まり汗が出て気持ちよくなります。

汗をかくので上半身を薄着にしてすぐ汗を拭けるようにしておいてください。

粗塩の足湯が終わったら一旦タオルで拭き、もう一度 今度は ぬるま湯だけにつけて足の塩分を落とし再度タオルでよく拭きます。

まず、3週間毎日続けてみてください。

足先や腰の冷えが取れていて足が疲れにくくなります。

タワシで足の裏をこする

足湯の際、柄付きのタワシで足の裏をゴシゴシとこするという方法もあります。

足の裏には様々なツボがあり身体の不調のある部分につながっています。

ですから、足裏を刺激してれば経絡を通して内臓の調子を整えたり自律神経やホルモンのバランスを良くすることもできるのです。

勿論、普通のタワシを使っても構いません。

まとめ

足湯は時間もかからず簡単に準備ができるので、是非利用すべきです。

最近は、夏でも冷房が効きすぎて夏身体が冷えててしまう人が多いのだそうです。

冷えは万病の元なので、手軽にできる足湯はお勧めです。

また、デスクワークが多い人なら100均で売っているゴルフボールを買ってきて、それを使っていない靴下に2つ入れて 足の裏でグリグリしてもいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です