保湿や抗菌作用のあるアロエ石鹸の作り方

肌にアロエのエキスをつけると皮膚を形作るコラーゲンの量が著しく増えることが確認されています。

おそらくアロエに含まれる有機酸がコラーゲンの生成を促進するためではないかと考えられています。

また、保湿や抗菌作用に抗炎症作用、紫外線予防、美白効果など美肌成分がたっぷりと含まれているアロエ。

こうした成分を無駄なく吸収できる方法の一つが「アロエ石鹸」です。

以前書いた記事で紹介したアロエ風呂に加えてこのアロエ石鹸を使えばより効果的です。

アロエ石鹸の作り方

材料:キダチアロエまたはアロエベラ適量、石鹸、布袋、輪ゴム。

5~6センチに切ったアロエのゼリー部分を2~3枚用意し、石鹸の上に乗せます。

ガーゼを広げ中にアロエと石鹸を落とさないように包み入れて輪ゴムで閉じます。

アロエが布に密着した部分を肌に当てて石鹸を使います。

使用後はアロエのみを捨てて、使うたびに新しいものに変えてください。

角質除去・美肌の効果アップに

私たちの形を作る細胞は新陳代謝を繰り返し古い細胞型伊豆新しい細胞へと入れ替わっています。

皮膚の場合はおよそ28日間周期で全ての細胞が再生されますがその際どうかと深く関わるのがコラーゲンというタンパク質です。

コラーゲンは細胞間物質などとも呼ばれ細胞と細胞をつなぐ材料となって弾力のあるしなやかな肌を作ります。

しかし農家とともにコラーゲンの生成スピードが遅くなりこれがシワの原因となるのです。

このコラーゲンの生成を高めるためにアロエエキスは非常に有効であることが分かってきています。

まとめ

アロエは肌に塗るだけでなく食べたりしても薬効がある万能薬です。

ただ、肌に塗ってもいいのですが 肌の新陳代謝がもっとも激しくなるお風呂の入浴時にも使おうというのが、このアロエ石鹸という訳です。

アロエの透明なゼリー状の果肉を石鹸の上に乗せて布袋にくるんで使うだけ。

ですが、日持ちはしないのでアロエは使うたびに新しい物を用意する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です