塗って治すアロエ活用法

人間の体の皮膚細胞の痒みの元となるのが「ヒスタミン」という物質です

アロエには このヒスタミンの分泌を抑制する成分が確認されています

アロエのゼリー部分のヌルヌルにも薬効があり、これは保湿作用のある多糖体というもので痒みを止める働きがあるのです。

アロエの絞り汁

用意するもの:キダチアロエまたはアロエベラも生葉1枚、おろし金、ガーゼ。

まずアロエの葉をよく洗い、トゲを丁寧に取ります。

おろし金でアロエの葉を皮ごと擦りおろし、擦りおろしたアロエの葉肉をガーゼに包み 絞ります。

絞り汁をコットンに含ませて肌の幹部にバッティング。

刺激を感じる人は同量の水で薄めて使ってください。

アロエいえば最もよく知られているのが火傷への効能です。

まず腫れを冷やして痛みを和らげ起炎物質を分解し速やかに新しい皮膚組織の修復や再生を働きかけるのです。

このおかげで火傷が早く治るだけでなく傷跡も残らないというわけ。

炎症を鎮める働きのほか細菌が作り出す毒素を中和する、血を止めるなどの働きでアロエは擦り傷や切り傷、虫刺されなどの手当てにも威力を発揮します。

アロエで治療する場合、湿布にするとさらに効果的です。

ゼリー状の葉肉を直接患部に当て、テープや包帯で固定します。

葉肉が乾いてきたら新しいものに取り替えましょう。

アロエ湿布

ロエシップの作り方用意するもの:キダチアロエまたはアロエベラ生葉1枚、濡れタオルまたはガーゼ、医療用テープ。

患部に当てる分のアロエを用意し、アロエの片面の皮を剥いて葉肉を出します。

皮のある面を下にして皮と葉肉の間に包丁を入れて葉肉をそぎ取ります。

清潔にした患部に先ほど作った葉肉を張り、上から濡れタオルまたはガーゼを当てて医療用テープで固定します。

約5分当てたら離して剥がしてを乾かします。

まとめ

アロエは昔から「医者いらず」とか「医者泣かせ」などの愛称で親しまれてきた薬草です。

肌に良いのも当然ですが、あのゼリー状のシールを塗るだけでなく以前記事にも書いたように食べたりもできます。

ですので、身体の中と外、両方に効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です